invisalign

ワイヤーを使用しない、
取り外し可能な矯正治療法

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、従来のワイヤー矯正とはまったく異なる方法で歯並びを治療するシステムです。当然ですが、矯正用ワイヤーやマルチブラケットは一切使用しません。使用するのはポリウレタン製の透明なマウスピースです。、簡単に複製することが可能です。

アライナーとも呼ばれるマウスピースは、取り外し可能な装置です。食事と歯磨きの際には、取り外すことができるため、普段通りに食事を楽しむことができ、口腔ケアで苦労することもありません。1日20~22時間以上という装着時間が守られていれば、取り外していただいても治療に支障をきたすことはありません。
また、マウスピースは厚みが0.5mm程度とかなり薄く、歯列にフィットするよう設計されていることから、装着時の異物感・違和感が少ない点も特長として挙げられます。何より透明で目立ちにくいため、周囲に気付かれずに歯並びの治療を進められるのが大きなメリットとなっています。
そんなインビザラインのアライナーは、2週間ごとに患者様ご自身で交換していただきます。ある意味で“使い捨て”の装置ともいえるので、故障などのトラブルにも悩まされにくいです。仮に壊れてしまったとしても、元のデータがある限り、簡単に複製することが可能です。

マウスピース矯正のメリット

  • 透明なため、目立ちにくい

  • 取り外すことで今まで通り食事が楽しめる

  • 金属アレルギーの心配がない

  • 違和感が少ない

  • 通院回数が少ない

マウスピース矯正のデメリット

  • 装着時間を守る必要がある(1日20~22時間以上)

  • 補助矯正装置を使うことがある

  • 歯根吸収・歯肉退縮することがある

  • 紛失・破損することがある

  • 薬機法対象外の装置である

ワイヤー矯正との違い

ワイヤー矯正では、ブラケットと呼ばれる四角い装置を1本1本の歯に装着して、歯列全体に金属製のワイヤーを通します。ワイヤーの屈曲度に応じて適切な矯正力が働き、歯が少しずつ移動していきます。この方法ならほとんどの歯並びに適応できるのですが、装置が目立ちやすい、歯の移動に伴う痛みが強い、歯磨きしにくい、食事に制限がかかる、などのデメリットを伴います。

一方、インビザライン矯正では、透明な樹脂製のマウスピースを装着するだけで悪い歯並びを改善できます。装置が目立ちにくいことはもちろん、インビザラインでは比較的弱い力で歯を移動させることから、治療に伴う痛み・不快感もワイヤー矯正より少ないです。また、歯磨きや食事の際には装置を取り外せることから、清掃性が高い、虫歯・歯周病のリスクが低い、食事に制限がかからないなどのメリットが得られます。このように、従来のワイヤー矯正とマウスピース型矯正(インビザライン)にはたくさんの違いがあるのです。

口腔内スキャナーを使用したデジタル矯正

口腔内スキャナー『iTero』

当院のインビザライン治療では、「iTero(アイテロ)」と呼ばれる口腔内3Dスキャナーを用いた歯型取りが受けられます。小型のスキャナーをお口の中にかざすだけで歯列の情報が得られるため、従来の不快な歯型取りが不要となります。デジタル技術を活用したマウスピース型矯正の診断とも相性が良く、より精度の高い矯正治療を実現することが可能です。

口腔内スキャナーを使用するメリット

  • 従来のシリコーンゴムによる不快な歯型取りが不要となるため、処置の際に吐き気を催すようなこともありません。

  • 口腔内スキャナーは小型のペンタイプで、お口の中にかざすだけで歯列の情報が得られます。

  • お口の中のスキャンにかかる時間は10~15分程度で比較的短いです。

  • 従来法では印象材や石膏の変形によって、歯型の精度が低下しがちでしたが、口腔内3Dスキャナーであれば、正確な情報が得られます。

  • スキャンした情報は瞬時に利用可能なデータへと変換でき、その場でお口の中のアニメーションを見ながら検査結果などの説明を受けられます。

  • スキャンしたデータは即座にアメリカのアライン・テクノロジー社に送信することができ、マウスピース製作にかかる期間を2週間ほど短縮できます。

  • スキャンしたデータは即座にアメリカのアライン・テクノロジー社に送信することができ、マウスピース製作にかかる期間を2週間ほど短縮できます。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)の治療の流れ

カウンセリング

まずは歯並びのお悩みをお聞かせください。患者様のご要望やお口の状態に合った適切な治療法をご提案します。インビザライン矯正に関してもわかりやすくご説明します。

精密検査

口腔内診査、レントゲン撮影、歯科用CT撮影など種々の検査を実施して、診断を下します。その上で、治療計画を立案し、患者様にご説明します。

歯の移動シミュレーション

iTeroで得られた情報を元に、歯の移動シミュレーションを行います。歯並びの仕上がりを事前に確認できるので、矯正へのモチベーションアップにつながります。

矯正装置装着

マウスピースが完成したら、装着を始めていただきます。複数個のマウスピースをお渡ししますので、約2週間毎に交換してください。1~3ヶ月に1回くらいの頻度で通院していただき、経過を見ていきます。

矯正装置除去(保定期間)

歯の移動が完了したら、後戻りを防止するための保定期間に入ります。リテーナーと呼ばれる装置を約2年、装着していただきます。

マウスピースのお手入れ

インビザラインのマウスピースは、取り外す度に洗浄するようにしてください。適切なケアを怠ると、細菌が繁殖してさまざまなトラブルを招きます。汚れは常温の水で洗い流し、しつこい汚れはやわらかめの歯ブラシや専用クリーナーを使いましょう。

治療費用

相談、シミュレーション 無料
精密検査 40,000円
ファースト 400,000円
ライト 400,000円
フル 700,000円
リベラ・リテーナー 50,000円

※ 調整料 4,000円

私たちと一緒に働きませんか?求人情報

  • 院内設備のご案内
  • にいみ歯科ブログ
  • 歯科知識Q&A
  • 副院長ブログ

スタッフ全員笑顔で「おもてなし」安心して通える四日市の歯科医院を目指して

四日市の歯医者・にいみ歯科医院では、『歯科を通じて皆様のお口の健康をサポートする』という理念のもと日々診療を行っております。そして、四日市の当歯医者にいらっしゃる患者様が、歯医者の診療に対して「怖い」「不安」という気持ちをできるだけ抱かず、安心して診療を受けていただけるよう、スタッフ一同おもてなしの気持ちで診療をさせていただきます。

設備面でも、患者様にリラックスしていただけるよう、ゆったりとした待合室や診療室を設けております。さらに四日市にある当歯医者では、診療方針を患者様にもきちんと納得していただいてから患者様お一人おひとりに合わせた診療を行っていきたいと考えています。

ですので、四日市にお住まいの患者様が診療についてわからないこと・疑問に思うことを、お気軽にスタッフに聞くことができる雰囲気づくりということも大切にしています。四日市の歯医者・にいみ歯科医院にご来院された患者様が、いつまでも楽しく食事ができ、笑顔で健やかな人生を過ごしていただけることを願っています。

  • Contact お問い合わせ

  • お問い合わせご予約・お問い合わせはこちら 059-353-5580
  • 初診WEB問い合わせ・メール相談