にいみ歯科ブログ

矯正歯科 専門医の無料相談実施中

2024年2月24日 (土)

長崎大学歯学部 矯正学講座所属 矯正歯科医師 空閑 大輝先生が

月2回ほど矯正の診断をされます。

歯並び、咬み合わせが気になる方はぜひこの機会にご相談ください。

次回は3/30(土)に来院診療いたします。

ご予約はお電話でお問い合わせください。

 

 


カテゴリー: ブログ

にいみ歯科・矯正歯科リニューアルオープン

2024年2月14日 (水)

2月14日(水)にいみ歯科・矯正歯科がリニューアルオープンいたしました。

2階にメインテナンスルームを6床を増床し一層、予防歯科に力を入れてまいります。

また、矯正歯科の診療科目を強化することで、地域の皆様のニーズにお応えし

歯の健康をサポートしてまいります。   

 

 

 


カテゴリー: ブログ

臨床歯科麻酔認定歯科衛生士が在籍しています

2024年1月22日 (月)

臨床歯科麻酔認定歯科衛生士とは、一般社団法人日本歯科医学振興機構が

認定する資格です。

歯科麻酔を行う上で必要となる麻酔学の知識はもちろん、偶発症への対応法を実技をふまえて

学び試験に合格することで認定されます。

偶発症はあらかじめ予期できないからこそ、その対応には歯科医院のチーム力が求められます。

 

当院では十分なトレーニングを行い、歯科衛生士による痛みの少ない安全な麻酔を

実施しています。

また、常に歯科医師が監督し、不測の事態にはスタッフ一丸で対応できる体制が整っています。

安心して、当院の臨床歯科麻酔認定歯科衛生士にお任せください。


カテゴリー: ブログ

年末年始 休診のお知らせ

2023年12月26日 (火)

年末は12/29(金)が最終診療日になります。

12/30(土)から1/3(水)までは休診させていただきます。

年始は1/4(木)9時30分から通常診療になります。

年末年始休診日


カテゴリー: 院長ブログ

ブリッジとインプラントの寿命はどちらが長いですか?

2023年10月26日 (木)

口腔内の健康は、全身の健康に直結しています。特に、歯の喪失は、咀嚼機能の低下や審美的な問題を引き起こすだけでなく、精神的なストレスも伴います。そんな中、ブリッジとインプラントは失った歯を補うための代表的な治療法として注目されています。しかし、これら二つの選択肢にはそれぞれ寿命があり、どちらを選択するかは重要な判断点です。本記事では、ブリッジとインプラントの寿命について、専門的な視点から徹底解説し、適切な選択に役立つ情報を提供します。

ブリッジ治療とその耐久性

ブリッジは、隣接する歯を利用して欠損部を埋める治療法で、その手軽さから多くの患者様に選ばれています。しかし、ブリッジの耐久性は、使用する素材や隣接する歯の状態、そして患者様の口内ケアに大きく依存します。平均して、良質なブリッジは約10年から15年の寿命がありますが、これはあくまで平均的な数値です。個人の口内環境やケア次第で、より長く、または短くなる可能性があります。

インプラント治療のメリットと寿命

インプラントは近年、その審美性と機能性から高い評価を受けています。インプラントは人工の歯根を顎骨に埋め込むことで、自然な歯と同等の機能を持たせることが可能です。インプラントの平均的な寿命は、ブリッジより長く、約15年以上とされています。適切なメンテナンスを行えば、20年以上持続することも珍しくありません。

ブリッジとインプラント寿命の決定的な違い

ブリッジとインプラントの大きな違いは、インプラントが顎骨と直接結合することで、より自然な咀嚼が可能になる点です。これにより、ブリッジに比べてインプラントの方が長寿命であると言われています。ただし、インプラントが長持ちするかどうかは、手術後のケアやライフスタイル、さらには患者様の全体的な健康状態によって左右されます。

長期的な視点で見た治療法の選択基準

治療法を選ぶ際には、初期の費用や手術の侵襲性だけでなく、将来的なメンテナンスの容易さや寿命を考慮する必要があります。ブリッジは比較的簡単に設置できますが、長期的にはインプラントの方が経済的である可能性が高いです。

まとめ

ブリッジとインプラントの選択は、単に寿命の長さだけでなく、患者様のライフスタイルやメンテナンスへの意識、経済的な側面も踏まえた上で行うべきです。専門の歯科医師としっかりと相談し、総合的な情報に基づいた決断をすることが、長期にわたる口内健康の鍵となります。

この記事が、ブリッジとインプラントの治療法を検討されている方々の参考になれば幸いです。どちらの選択肢も、正しいケアとメンテナンスを行うことで、その寿命を最大限に延ばすことが可能です。ご自身のライフスタイルや健康状態、経済的な状況を総合的に考慮し、最良の選択をしてください。


カテゴリー: 院長ブログ

インプラント手術は痛いですか?

2023年10月6日 (金)

インプラント手術に関する懸念の中でも、「痛み」は特に重要な問題です。現代の歯科治療は日進月歩で進化しており、手術の痛みを最小限に抑える方法も多岐にわたっています。それでもなお、痛みへの不安は、手術をためらう一番の理由かもしれません。そこで、この記事ではインプラント手術の痛みに対する正しい理解と対処法を、専門家の知見をもとに詳細に解説します。

「痛み」という体験は、人によってその感じ方が大きく異なります。インプラント手術においても、この「痛み」は患者さん一人ひとりで感じ方が違うものです。しかし、その不安を取り除くためには、まず手術のプロセスを理解することが重要です。この記事では、インプラント手術における「痛み」の実態と、その対処法を明らかにし、手術への理解を深めます。

インプラント手術とは?

インプラント手術は、失われた歯を補うために、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法です。この手術により、見た目の改善だけでなく、噛む力の回復も期待できます。手術は局所麻酔を使って行われるため、多くの患者さんは手術中の痛みをほとんど感じません。

手術中の痛み管理

手術中の痛みは局所麻酔で管理されますが、患者さんによっては、麻酔が苦手という方もいます。そんな方には、不安を和らげるために鎮静剤を使用するオプションもあります。また、最新の痛み管理技術を駆使することで、手術中の不快感を最小限に抑えることが可能です。

手術後の痛みとその対処法

手術後は、麻酔の効果が切れるとともに、痛みを感じることがありますが、それは自然な反応です。この痛みは通常、手術後数日間で最高点に達し、その後徐々に減少していきます。患者さんには、痛みの管理のために適切な鎮痛剤が処方され、また、腫れや痛みを軽減するためのアイスパックの使用など、自宅でできる簡単なケア方法も指導されます。

インプラント手術を成功に導くための準備

手術を成功に導くためには、適切な準備が必要です。事前の検査やカウンセリングを通じて、手術に最適な条件を整えることが大切です。また、手術を担当する歯科医師と十分にコミュニケーションを取り、疑問や不安に思う点をすべて解消しておくことも重要です。

まとめと次のステップ

最後に、手術への不安を和らげるためのアドバイスを提供します。また、インプラント手術を検討している方への次のステップについても案内します。手術に関する不安は誰にでもありますが、適切な情報と準備によって、その不安は大きく軽減できます。この記事が、インプラント手術を考える一歩となり、あなたの笑顔がより輝く未来への道標となることを願っています。


カテゴリー: 院長ブログ

インプラント治療の魅力と進化:顔の印象を変え、自信を取り戻す

2023年9月26日 (火)

私たちの笑顔は、コミュニケーションの中心であり、自信や人間関係にも大きく影響します。歯の欠損や不具合は、外見だけでなく、食事や発音、さらには自信にも影響を及ぼすことがあります。そんな中、インプラント治療はその効果と進化により、多くの人々にとっての救世主となっています。

インプラントの魅力とその背景

  • インプラントの基本 インプラントは、失われた歯を人工の歯根と歯で補う治療法。その見た目の自然さと機能性から、多くの患者に支持されています。近年では、材質や技術の進化により、より本物に近い感触や見た目を実現しています。

  • 進化するインプラント技術 インプラントはその歴史の中で技術的な進化を遂げてきました。初期のものから現代の高度なものまで、その適合性と持続力が日々向上しています。特に、3Dプリンティング技術や生体適合性の高い材料の導入により、より安全で持続的な治療が可能となっています。

インプラントのバリエーション

  • 骨結合型と軟組織結合型の違い インプラントには、骨や軟組織との結合方法によって異なるタイプが存在します。それぞれの特性を理解し、最適なものを選択することが重要です。骨結合型は強固な固定が可能ですが、手術が複雑になることがあります。一方、軟組織結合型は手術が簡単ですが、定期的なメンテナンスが必要となります。

インプラントの利点

  • 外見と自信の再生 インプラントは、自然な外見を取り戻すだけでなく、患者の自信も再生します。特に、前歯の欠損がある場合、インプラント治療により笑顔を取り戻すことができます。

  • 健康な咬み合わせの実現 正しい咬み合わせは、口腔全体の健康を維持するために不可欠です。インプラントにより、他の歯への負担を減少させ、歯の健康を保護します。これにより、歯の摩耗や歯周病のリスクも低減します。

インプラントの課題

  • 手術とその後のケア インプラント手術は一定のリスクを伴いますが、適切なアフターケアでこれを最小限に抑えることができます。感染や出血、痛みなどのリスクが考えられますが、専門的なケアと定期的なメンテナンスにより、これらのリスクは大幅に低減されます。

  • 治療費と保険の問題 インプラント治療は費用がかかることが多いですが、その長期的な効果を考慮すれば、十分な価値があると言えるでしょう。保険の適用に関しても、治療内容や保険の種類によって異なるため、事前にしっかりと確認することが必要です。

治療のプロセス

  • カウンセリングから手術へ 患者の状態や希望をしっかりと把握した上で、最適な治療計画が立てられます。この段階で、患者の疑問や不安を医師に伝えることで、より安心して治療を受けることができます。

  • 手術後のケア 手術後のケアは、インプラントの成功と長寿命に直結しています。特に、初めてのメンテナンスは手術後の経過を確認する重要な機会となります。

成功率とその背景

  • 技術の進歩と成功率 最新の技術導入により、インプラントの成功率は格段に向上しています。3Dイメージングやナビゲーション手術などの技術が導入され、より正確で安全な手術が可能となっています。

  • インプラントの長期効果 適切なケアを続けることで、インプラントは長期にわたり機能を維持します。実際、適切なメンテナンスとケアを行えば、10年以上の持続性が報告されているケースも多いです。これは、インプラントが高いコストパフォーマンスを持つ治療法であることを示しています。

    インプラントを選ぶべき人

    • 入れ歯やブリッジに不満を感じる人 インプラントは、従来の治療法に不満を持つ人々に新しい選択肢を提供します。取り外しの手間や違和感、食事の制限などの問題を解消したい方には特におすすめです。

    • 歯の欠損に悩むすべての人 インプラントは、歯の欠損による悩みを解消するための強力なツールとなります。欠損が生じる原因や状態、位置によっては、インプラントが最も適した治療方法となることもあります。

    結論 インプラント治療は、その効果と技術の進化により、多くの人々の生活の質を向上させる可能性を秘めています。適切な治療とケアにより、私たちの日常生活をより豊かにすることが期待できるでしょう。歯の健康は全身の健康にも影響を与えるため、インプラント治療を通じて、より健やかな生活を追求することができます。

 

カテゴリー: 院長ブログ

芸能界でもインプラント?どんな治療?

2023年9月6日 (水)

近年、芸能界でのインプラント手術の人気が高まっています。その背後には、どのような魅力や注意点があるのでしょうか。この記事では、芸能人がインプラントを選ぶ理由やそのメリット、デメリットを詳しく探っていきます。

芸能界でのインプラントブームの理由

  • 美しい笑顔のためのインプラント
    インプラントは、欠けた歯や失った歯を自然に補うことができるため、美しい笑顔を求める芸能人に支持されています。テレビや映画、舞台での活動中、歯の美しさは非常に重要。インプラントは、その要求を満たす最も自然な方法として注目されています。

  • 長持ちするインプラントの魅力
    インプラントは他の治療法に比べて耐久性が高く、一度の治療で長期間の安心を得ることができます。そのため、忙しい芸能人にとっても、頻繁な治療やメンテナンスを必要としない点が魅力となっています。

芸能人が語るインプラントのメリット

  • 自然な見た目の実現
    インプラントは他人に気づかれることなく、自然な見た目を実現します。これにより、カメラの前でも自信を持って演技やパフォーマンスができます。また、自然な見た目はファンや視聴者からの評価も高まります。

  • 食生活の制限が少ない
    インプラントは食べ物の制限が少なく、日常生活や仕事中も快適に過ごすことができます。特に、外食やイベントが多い芸能人にとって、食事の制限は大きなストレスとなり得ますが、インプラントならその心配がありません。

芸能人も注意するインプラントのポイント

  • 手術のリスクと回復期間
    インプラント手術にはリスクが伴いますが、適切な手術とアフターケアでリスクを最小限に抑えることができます。また、手術後の回復期間も必要ですが、これは個人差があります。芸能人はスケジュールを考慮して、手術のタイミングを選ぶ必要があります。

  • 定期的なケアが必要
    インプラントの長持ちのためには、定期的なケアとメンテナンスが欠かせません。芸能人も、自身の健康や美しさを保つために、定期的なクリニックの訪問が必要となります。

芸能人がインプラントを選ぶ背景

  • 年齢とともの歯のトラブルへの対応
    年齢とともに増える歯のトラブルを解消し、健康な口元を維持するためにインプラントを選ぶ芸能人が増えています。特に、公の場に出ることが多い芸能人にとって、口元のトラブルは大きな悩みとなり得ます。

  • 自信を取り戻すための選択
    インプラントにより、失われた自信を取り戻し、輝く笑顔を持つことができます。芸能人は、その外見や表現力に自信を持つことで、より良いパフォーマンスをすることができます。

インプラント治療を受ける際の注意点

  • 信頼性のある医師の選択
    インプラント治療を受ける際は、実績と信頼性のある医師を選ぶことが重要です。特に、芸能人はその外見を仕事の一部としているため、治療の結果には特に敏感です。

  • 医師とのコミュニケーションの大切さ
    理想的な治療結果を得るためには、医師とのコミュニケーションが不可欠です。治療前には、自身の希望や懸念をしっかりと伝えることが大切です。

まとめ: 芸能界でのインプラントの人気は、その多くのメリットと、美しい笑顔を取り戻すための最良の選択としての位置づけから来ています。しかし、治療を受ける際は、信頼性のある医師の選択や、適切なケアが必要です。インプラントは確かに多くのメリットを持つ治療法ですが、その効果を最大限に活かすためには、適切な手術、アフターケア、そして継続的なメンテナンスが欠かせません。

芸能人は自らの外見や健康を大切にするだけでなく、その影響力を持って多くの人々にトレンドや情報を伝える役割も持っています。そのため、彼らがインプラントを選ぶ理由やそのメリット、デメリットを知ることは、一般の人々にとっても参考になるでしょう。

最後に、インプラント治療を検討する際は、自身の状態や希望をしっかりと医師に伝え、信頼できるクリニックや医師を選ぶことが大切です。適切な治療とケアにより、美しく、健康な笑顔を手に入れることができます。


カテゴリー: 院長ブログ

糖尿病の人はインプラント治療ができるのか?

2023年8月27日 (日)

「糖尿病の人はインプラント治療ができるの?」と疑問に思っている方へ。 実際のところ、糖尿病の人でもインプラント治療は可能ですが、一部の患者にはリスクが伴います。

この記事では、糖尿病患者がインプラント治療を受ける際のリスクや注意点について詳しく説明します。これから治療を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

【糖尿病患者とインプラント治療のリスク】

感染の危険性:

インプラント治療は歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋め込むため、感染のリスクが考えられます。健康な人は感染のリスクが低いですが、糖尿病患者は免疫力が低下しているため、感染する可能性が高まります。

血流の問題:

糖尿病は血流に影響を及ぼす可能性があり、これが治癒の遅れを引き起こすことがあります。特に、インプラント治療の期間が長引くことが考えられます。

骨の減少:

糖尿病患者は、骨が減少しやすいと言われています。これは、インプラントの安定性に影響を及ぼす可能性があります。

低血糖の危険性:

インプラント治療後、食事の制限がある場合、糖尿病の薬を通常通りに服用すると、血糖値が急激に下がるリスクがあります。

糖尿病の方は、これらのリスクを理解し、担当医と十分に相談してから治療を進めることが大切です。

 

【糖尿病患者におけるインプラント治療の可能性】

糖尿病の方にはインプラント治療を受ける際の特定の懸念点が存在します。

しかし、糖尿病のすべての患者がインプラント治療を受けられないわけではなく、血糖値を適切に管理している方や、一定の基準を満たしている方は治療の対象となることが考えられます。具体的には、HbA1cが6.9%以下や空腹時血糖値が140ml/dl以下の方が該当します。

これらの基準は一般的なもので、最終的な判断は担当医によるものです。また、治療を受ける前に、口の健康状態の改善も必要とされます。

【糖尿病患者がインプラント治療を受ける際のアドバイス】

糖尿病の方がインプラント治療を検討する際の主な注意点を以下に示します。

血糖値のチェック:

血糖値が安定していない場合、インプラント治療は推奨されません。日常の食事や運動、薬の管理を通じて血糖値を適切に保つことが大切です。手術前の血糖値の確認も必須です。

内科医との相談:

糖尿病の治療を受けている方は、インプラント治療前に内科の主治医との相談が必要です。治療のリスクや糖尿病の管理についての専門的なアドバイスを受けることができます。

低血糖のリスク対策:

インプラント治療中に低血糖を起こす可能性があるため、過去に経験がある方は特に注意が必要です。氷砂糖を持参する、食後に治療を受けるなどの対策を検討することが推奨されます。

 

【糖尿病患者とインプラント治療の可能性】

このセクションでは、糖尿病患者がインプラント治療を受ける際の要点を説明しています。 感染リスクの増加や血流の低下など、糖尿病患者がインプラント治療を受ける際のリスクが存在します。

それにもかかわらず、全ての糖尿病患者が治療を受けられないわけではなく、血糖値を適切に管理している方は治療の対象となることがあります。

最新の技術、マイクロスコープを使用して、治療時の傷を最小限に抑えるアプローチも取り入れています。糖尿病の治療を受けている方は、どんな疑問もお気軽にお問い合わせください。

 


カテゴリー: 院長ブログ

インプラント治療と治療後のトラブル・予防について

2023年8月7日 (月)

【インプラント治療とその持続性】

インプラントはその耐久性で知られていますが、時折、機能しなくなることがあります。 「インプラントが機能しなくなった場合、入れ歯が唯一の選択肢なのか?」という疑問を持つ方も少なくないでしょう。

この記事では、インプラント治療後の懸念や、その寿命、そしてインプラントが機能しなくなる原因や対策について詳しく説明します。この情報を通じて、治療や予防方法の理解を深めてください。

【インプラントの持続期間】

インプラントは、ブリッジや部分入れ歯と比べて、平均的には10年以上の寿命が期待されます。しかし、10年後にすぐに問題が生じるわけではありません。実際には、10~15年が一般的な持続期間とされており、20年後でも86%の方が問題なく使用しているとの報告も存在します。 このデータから、適切なケアを行えば長期間使用することが可能であると言えます。ただし、適切なメンテナンスが欠けると、期待される寿命よりも早く問題が生じる可能性が高まります。

【インプラントが機能しなくなる主な理由】

では、インプラントが機能しなくなる主な原因は何でしょうか。以下の3つが主な要因として考えられます。

・定期的な検診の欠如

インプラントの持続性を保つためには、定期的な検診が不可欠です。日常のブラッシングだけでは取り除けない汚れが存在するため、専門的な器具を使用してのクリーニングが必要です。

また、インプラント周囲炎という感染症の早期発見や治療も、定期検診によって可能となります。この炎症が進行すると、インプラントの喪失のリスクが高まります。

・喫煙や歯ぎしりの習慣

タバコは、インプラントと骨の結合を妨げる可能性があります。また、歯ぎしりはインプラントに過度な負荷をかけ、部品の破損を引き起こすことがあります。

・不適切な治療

選んだ歯科医院や医師の技術によっては、治療が不十分な場合があります。特に、コストを重視して選んだ歯科医院では、治療の質が低い可能性が考えられます。

 

【インプラントの問題発生時の対応策】

インプラントに問題が生じた場合、最初の選択肢として入れ歯が考えられるわけではありません。具体的な対応は以下の通りです。

・ブラッシングと抗生剤の使用

最初のステップとして、ブラッシングや抗生剤の使用が行われます。初期段階のトラブルであれば、これらの方法で状態が改善することが期待されます。この段階での対応が成功すれば、再手術の必要はありません。

・再手術の検討

ブラッシングや抗生剤だけでは解決しない場合、再手術の必要性が考慮されます。特に、インプラント周囲炎が進行している場合は、再手術が推奨されることがあります。

再手術後、インプラントが安定すれば、継続して使用することができます。

・部分入れ歯の適用

再手術が困難な状態の場合、インプラントの除去が必要となることがあります。その際、失われた歯の代わりとして部分入れ歯の使用が一般的となります。

【インプラントの問題を未然に防ぐ方法】

インプラントの問題を避けるためには、日常の適切なケアが欠かせません。歯磨きは基本中の基本ですが、デンタルフロスの使用も推奨されます。

さらに、インプラントの問題となるインプラント周囲炎は、初期段階では症状が少ないため自己診断が難しいです。そのため、定期的な歯科検診を受け、早期に問題を察知し、迅速に対処することが大切です。

 

【インプラントの問題は予防が鍵】

いかがでしたか?インプラントに関するトラブルの原因とその予防策をお伝えしました。適切なケアと予防を行うことで、インプラントの問題を最小限に抑え、入れ歯を選ぶしかないという状況を避けることができます。

インプラント治療に関心があるものの、その耐久性について不安を感じている方は、お気軽にご相談ください。患者様の疑問や不安をしっかりと解消し、安心して治療を受けていただけるようサポートいたします。

 


カテゴリー: 院長ブログ

スタッフ全員笑顔で「おもてなし」安心して通える四日市の歯科医院を目指して

四日市の歯医者・にいみ歯科医院では、『歯科を通じて皆様のお口の健康をサポートする』という理念のもと日々診療を行っております。そして、四日市の当歯医者にいらっしゃる患者様が、歯医者の診療に対して「怖い」「不安」という気持ちをできるだけ抱かず、安心して診療を受けていただけるよう、スタッフ一同おもてなしの気持ちで診療をさせていただきます。

設備面でも、患者様にリラックスしていただけるよう、ゆったりとした待合室や診療室を設けております。さらに四日市にある当歯医者では、診療方針を患者様にもきちんと納得していただいてから患者様お一人おひとりに合わせた診療を行っていきたいと考えています。

ですので、四日市にお住まいの患者様が診療についてわからないこと・疑問に思うことを、お気軽にスタッフに聞くことができる雰囲気づくりということも大切にしています。四日市の歯医者・にいみ歯科医院にご来院された患者様が、いつまでも楽しく食事ができ、笑顔で健やかな人生を過ごしていただけることを願っています。

  • Contact お問い合わせ

  • お問い合わせご予約・お問い合わせはこちら 059-353-5580
  • 初診WEB問い合わせ・メール相談